• ーAbout Usー

    瀬戸内から世界を代表するジーンズブランドを

    ジーンズづくりはじまりの地、瀬戸内。

     

    1965年にはじめての国産ジーンズが誕生してから約50年。デニム産業の一大集積地・瀬戸内地域では、
    その技術において世界から高い評価を受けている工場がたくさんあります。

    50年間でジーンズを取り巻く環境は大きく変化し、瀬戸内の工場からもまた、
    かつての活発なものづくりの姿が徐々に失われつつあります。

    「工場のことをもっと多くの人に知ってもらいたい。
     そうすれば、素晴らしい技術を後世に繋いでいけるはず。」

    そんな想いから2014年12月「EVERY DENIM」はスタートしました。

    ”EVERY DENIM”に込められた想い

     

    EVERY DENIMの”EVERY”には、二つの意味が込められています。

     

    一つは、ジーンズが人種や性別・年齢・国籍・貧富の差に関係なく、
    世界中、みんな(EVERY)が履いている”地球着”であるということ。

     

    もう一つは、デニム産業の一大集積地として瀬戸内から世界へ発信していくために、
    産地のみんな(EVERY)で力を合わせよう。ということです。

    未来の伝統を、織りなす。

     

    EVERY DENIMのジーンズが、わたしたちの未来に伝統となっているような、


    世代を超えて長く大切に受け継がれる一本になることを願ってやみません。

  • ーCo-Founderー

    ジーンズ業界に新風を吹き込む兄弟

    島田 舜介(弟)

    EVERY DENIM共同代表

    1994年生まれ。岡山大学への進学を機にジーンズ加工を手がける工場へ。岡山は国産ジーンズ発祥の地であり、瀬戸内に集積する工場の技術が世界で高く評価されていることを知る。ものづくりの素晴らしさをより多くの人に知ってもらうため、瀬戸内のデニム製造工場から情報発信するWebメディア「EVERY DENIM MAGAZINE」を立ち上げた。

    山脇 耀平(兄)

    EVERY DENIM共同代表

    1992年生まれ。筑波大学在学中に、ジーンズに関するプロフェッショナルを育成するための試験、第1回ジーンズソムリエ資格認定試験に合格。子どものころからジーンズ好きだった影響もありEVERY DENIMの立ち上げに参画。「EVERY DENIM MAGAZINE」現編集長。

  • ーLINE@ー

    LINE@アカウント開設しました。

  • ーSNSー

    最新の更新情報はこちらでチェックできます。